2018年4月9日月曜日

ある強制入院からの開放


ご家族からの依頼で、昨年末ある県で医療保護入院制度により本人の意思に反して精神病院に強制入院させられた方を、今年3月に退院させることが出来ました。

日本には、行政が本人の意思に反して精神病院に強制的に入院させられる制度が2つあります。1つは措置入院、もう一つは医療保護入院です。

実は僕は2010年から、留学中だった2011~12年の中断を経て、現在に至るまで、大阪府知事からの委託を受けて大阪府精神医療審査委員を務めています。

精神医療審査委員は精神医療審査会の構成員です。措置入院あるいは医療保護入院となった人とその家族は、入院処遇の改善や退院(=強制入院の中止)などを求める請求をすることができます。精神医療審査委員会とは、それらの審査を行うところです。

大阪府の場合、請求があると審査会は審査委員2名を病院に派遣し、その患者、家族、主治医らと面談を行います。面談を実施した2名の報告に基づき、5名で構成される合議体がその請求の適否を判断しています。大阪府は他県に比べると比較的、請求が認められて退院命令を下すことが多い審査会ですが、それでもほとんどの請求は却下となっているのが実態です。われわれ審査委員は現行法、現行制度を前提として活動しているわけですが、それでもなお入院医療を柱とする現在の日本の精神医療制度は患者の人権保障との軋轢が強く、おおいに問題があると言わざるを得ません。

ともあれ、概ね月に1度は府下の精神病院を訪問し、月に2度ほど精神科医や熟練ケースワーカーさんと議論を重ねる経験を数年間続けてきたことで、弁護士の割には精神病院の体質や精神医療界の人たちの思考法にはかなり馴染みがある方だと思います。

今回の依頼を受けてまず、その病院を訪問する必要があると判断しました。在阪のご家族から相談を受けた段階では、その医療保護入院が適切なものであるかどうかすら分かりません。ただ、その適否を判断する上でも、仮に退院が適当だとしても病院を説得して退院への道筋を付ける上でも、本人面談とカルテ閲覧によって事実関係や現在の本人の状態を調査し、その病院と主治医の考え方を知ることが不可欠であることを、これまでの審査委員としての経験から分かっていたからです。

とはいえ、病院や医師は弁護士というだけで強く警戒します。それは分かった上で慎重にことを進めたけど、それでもすぐには病院訪問の許可が取られませんでした。それでも何とか自分の経験を総動員して病院を説得し、正月を挟んで1月中旬にようやく病院訪問の機会を得ました。
カルテを検討し、本人や主治医らと面談して得た僕の判断は、医療保護入院を継続する理由など全くないという結論。実は病院側も積極的な入院継続の意思はありませんでした。カルテを読む限り、入院直後から医療保護入院が妥当する事例ではないと病院側も気付いていた節すらあります。
じゃあ、すぐに退院できたかというと、そうは問屋が卸しません。入院時に同意者となった家族親族が退院に反対すると、退院さえようとしないのが日本の多くの精神病院の実態だからです。
今回の件でも、退院にこぎ着けるまでには面談訪問日から2ヶ月もの期間を要してしまいました。それでも退院という結果を実現できたのは、精神病院の体質や精神科医の思考法に精通しているという自分の特殊技能があったからこそだと自負しています。

自分は、諸外国と比べて地域資源が乏しい現状の日本では、何でもかんでも退院させればいいという考え方はしていません。それでもしかし、あまりにも不当な強制入院が蔓延しすぎていると思っています。
ただ同時に、精神疾患や現在では精神医療の対象となっている特徴を持った方(人格障害や発達障害など)のご家族が孤立し、あまりにも強度の負担を強いられているがために、その人たちが精神病院への入院を頼らざるを得なくなってしまっていることも認識しているつもりです。
しかし精神医療審査委員としての業務においてそのような場面に直面しても、大阪府知事から委託を受けているという立場上、その権限を逸脱する行為は厳禁であり、手助けできない罪悪感に苛まれることもあります。
それだけにこの事例では、自分の経験とスキルを全投入して、本人とご家族の役に立てたことに大いに喜びを感じました。これを機に、精神医療に関わって困難に直面している人、特に当事者のご家族のお役に立てる仕事を増やしていきたいと、前にも増して考えるようになりました。



2018年3月12日月曜日

子どもの目線

事務所並びのクレープ屋さんから出てきた女の子が、
「おはながさいてる」
と言うと、一緒に出てきたお母さんも
「ほんとやねえ」。

彼女たちから道路を挟んで向かい側は南海の高架と自転車置き場。そんな花なんて咲くような場所なんてないはずなのになあと彼女たちの見ている方向に目線を移してみると、



ありました。たしかに花が咲いていました。

今の事務所に移籍して来て丸5年、数え切れないくらいここの前を通っているのに1度も気にしなかった花の絵。子どもには自分の見えてないものが見えているんだなあと、また気づかされました。


2018年3月9日金曜日

ごみしゅうしゅうしゃ?

ミスドの隣席で、「はたらくじどうしゃ」の絵本を一緒に読んでいた男の子とお母さん。

「これもごみしゅうしゅうしゃ?」

「うーん、難しいなあ。それはダンプの顔に(指さしながら)これが付いていてゴミ収集車にもなるという…」

このお母さん、説明がなかなか厳密で面白い。技術者だろうか?

「おもしろいねえ」と男の子。

うん、とても面白いねえ。その上おじさんは、君のおかげでとても幸せな気持ちになったよ。

2018年3月5日月曜日

方向音痴

大国町での仕事を終え、歩いていると気付いたら妻と新婚生活を始めたかつての自宅の前にいた。



「あの当時の妻は優しかった」なんてことは記憶上も事実上もなく、無意識のうちに足が向いていたという美しい仮説は成り立つ基盤がない。かつて住んでいた街であるにもかかわらず、全く別の方向を目指していたのにここにたどり着いた自分の方向感覚に、改めて驚嘆した夜だった。



2018年3月4日日曜日

「グレイテスト・ショーマン」感想

すごい映画を観た。ヒュー・ジャックマン主演のグレイテスト・ショーマン。
(以下、写真はすべて公式パンフレットから引用)。




オープニングのミュージカルシーンも圧巻なんだけど、冒頭シーンの子役たちの歌唱と演技があまりにも凄すぎて、思わず席から身を乗り出しそうになった。何だかんだ言うてもアメリカという国は、若い才能を世に出す力は凄まじい。

さて主演のヒュー・ジャックマン、彼のスーパーパワーは超合金製の長い爪で敵をなぎ倒すことではなく、歌と踊りと演技でわれわれ観衆を魅了することだと分かった。と思いきや、パンフによると彼の本当の力は共演者たちの能力を限界を超えて引き出してしまうことだとのこと。

ヒュー・ジャックマンの代表作と言えば、X−MENシリーズとレ・ミゼラブル。映画の完成度は本作品よりもレミゼの方が遙かに高いけれど、ヒュー・ジャックマンの能力が完全発揮されているのはむしろこっちだと思う。というのも、本作では彼のとんでもないダンス能力がこれでもかというぐらい見せつけられるからだ。特に酒場でのザック・エフロンとの掛け合いダンスシーン、2人ともあまりにも凄すぎて、映画見てるときはVFXかと思っていた。パンフの解説によると、30テイクも撮影したシーンだそうな。

さてディズニードラマ「ハイスクール・ミュージカル」の世界一キュートな少年から、すっかり本格派俳優になっちまったザック・エフロン、監督からの電話でヒュー・ジャックマンとともに映画に出演してくれと言われて、渋滞中の高速道路に車止めて外に出て喜び爆発させたというこのパンフのエピソードがめっちゃ好き。




ゼンデイヤの空中シーンもVFXかと思いきや、なんとそれどころか9割がたはスタントではなく本人が演じているとのこと。そしてザック・エフロンも同様。そんで2人ともあの歌唱力。ディズニーはとんでもない俳優を生み出すなあ。



この映画、ある場面で出てくるCelebration of humanity という一言に集約されていたと思う。人類の祝祭と訳されてたのは少し残念。humanityには個人の尊厳という趣旨が含まれてるから、人間性への讃歌といったところだろうか。最初から最後まで一貫してあらゆる個人こそが素晴らしいのであり、みんながみんなリスペクトされるべきだというメッセージを伝えているこの映画は、観た人全ての背中を歌と踊りと芝居の力でおもいっきり押してくれるそんなミュージカルだったと思う。

どの曲も圧巻だったけど、一番気に入ったのはキアラ・セトルの歌うThis is me。鑑賞後、パンフ買って宇野維正さんの解説読んでいろいろ納得した次第。


ところで、ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ゼンデイヤが映画宣伝をNYの路上で強行するこのバラエティ番組、彼らも司会のコメディアンもすべてがおもろすぎる。
https://www.youtube.com/watch?v=TZSVf-yD7N8