2018年4月9日月曜日

ある強制入院からの開放


ご家族からの依頼で、昨年末ある県で医療保護入院制度により本人の意思に反して精神病院に強制入院させられた方を、今年3月に退院させることが出来ました。

日本には、行政が本人の意思に反して精神病院に強制的に入院させられる制度が2つあります。1つは措置入院、もう一つは医療保護入院です。

実は僕は2010年から、留学中だった2011~12年の中断を経て、現在に至るまで、大阪府知事からの委託を受けて大阪府精神医療審査委員を務めています。

精神医療審査委員は精神医療審査会の構成員です。措置入院あるいは医療保護入院となった人とその家族は、入院処遇の改善や退院(=強制入院の中止)などを求める請求をすることができます。精神医療審査委員会とは、それらの審査を行うところです。

大阪府の場合、請求があると審査会は審査委員2名を病院に派遣し、その患者、家族、主治医らと面談を行います。面談を実施した2名の報告に基づき、5名で構成される合議体がその請求の適否を判断しています。大阪府は他県に比べると比較的、請求が認められて退院命令を下すことが多い審査会ですが、それでもほとんどの請求は却下となっているのが実態です。われわれ審査委員は現行法、現行制度を前提として活動しているわけですが、それでもなお入院医療を柱とする現在の日本の精神医療制度は患者の人権保障との軋轢が強く、おおいに問題があると言わざるを得ません。

ともあれ、概ね月に1度は府下の精神病院を訪問し、月に2度ほど精神科医や熟練ケースワーカーさんと議論を重ねる経験を数年間続けてきたことで、弁護士の割には精神病院の体質や精神医療界の人たちの思考法にはかなり馴染みがある方だと思います。

今回の依頼を受けてまず、その病院を訪問する必要があると判断しました。在阪のご家族から相談を受けた段階では、その医療保護入院が適切なものであるかどうかすら分かりません。ただ、その適否を判断する上でも、仮に退院が適当だとしても病院を説得して退院への道筋を付ける上でも、本人面談とカルテ閲覧によって事実関係や現在の本人の状態を調査し、その病院と主治医の考え方を知ることが不可欠であることを、これまでの審査委員としての経験から分かっていたからです。

とはいえ、病院や医師は弁護士というだけで強く警戒します。それは分かった上で慎重にことを進めたけど、それでもすぐには病院訪問の許可が取られませんでした。それでも何とか自分の経験を総動員して病院を説得し、正月を挟んで1月中旬にようやく病院訪問の機会を得ました。
カルテを検討し、本人や主治医らと面談して得た僕の判断は、医療保護入院を継続する理由など全くないという結論。実は病院側も積極的な入院継続の意思はありませんでした。カルテを読む限り、入院直後から医療保護入院が妥当する事例ではないと病院側も気付いていた節すらあります。
じゃあ、すぐに退院できたかというと、そうは問屋が卸しません。入院時に同意者となった家族親族が退院に反対すると、退院さえようとしないのが日本の多くの精神病院の実態だからです。
今回の件でも、退院にこぎ着けるまでには面談訪問日から2ヶ月もの期間を要してしまいました。それでも退院という結果を実現できたのは、精神病院の体質や精神科医の思考法に精通しているという自分の特殊技能があったからこそだと自負しています。

自分は、諸外国と比べて地域資源が乏しい現状の日本では、何でもかんでも退院させればいいという考え方はしていません。それでもしかし、あまりにも不当な強制入院が蔓延しすぎていると思っています。
ただ同時に、精神疾患や現在では精神医療の対象となっている特徴を持った方(人格障害や発達障害など)のご家族が孤立し、あまりにも強度の負担を強いられているがために、その人たちが精神病院への入院を頼らざるを得なくなってしまっていることも認識しているつもりです。
しかし精神医療審査委員としての業務においてそのような場面に直面しても、大阪府知事から委託を受けているという立場上、その権限を逸脱する行為は厳禁であり、手助けできない罪悪感に苛まれることもあります。
それだけにこの事例では、自分の経験とスキルを全投入して、本人とご家族の役に立てたことに大いに喜びを感じました。これを機に、精神医療に関わって困難に直面している人、特に当事者のご家族のお役に立てる仕事を増やしていきたいと、前にも増して考えるようになりました。



2018年3月12日月曜日

子どもの目線

事務所並びのクレープ屋さんから出てきた女の子が、
「おはながさいてる」
と言うと、一緒に出てきたお母さんも
「ほんとやねえ」。

彼女たちから道路を挟んで向かい側は南海の高架と自転車置き場。そんな花なんて咲くような場所なんてないはずなのになあと彼女たちの見ている方向に目線を移してみると、



ありました。たしかに花が咲いていました。

今の事務所に移籍して来て丸5年、数え切れないくらいここの前を通っているのに1度も気にしなかった花の絵。子どもには自分の見えてないものが見えているんだなあと、また気づかされました。


2018年3月9日金曜日

ごみしゅうしゅうしゃ?

ミスドの隣席で、「はたらくじどうしゃ」の絵本を一緒に読んでいた男の子とお母さん。

「これもごみしゅうしゅうしゃ?」

「うーん、難しいなあ。それはダンプの顔に(指さしながら)これが付いていてゴミ収集車にもなるという…」

このお母さん、説明がなかなか厳密で面白い。技術者だろうか?

「おもしろいねえ」と男の子。

うん、とても面白いねえ。その上おじさんは、君のおかげでとても幸せな気持ちになったよ。

2018年3月5日月曜日

方向音痴

大国町での仕事を終え、歩いていると気付いたら妻と新婚生活を始めたかつての自宅の前にいた。



「あの当時の妻は優しかった」なんてことは記憶上も事実上もなく、無意識のうちに足が向いていたという美しい仮説は成り立つ基盤がない。かつて住んでいた街であるにもかかわらず、全く別の方向を目指していたのにここにたどり着いた自分の方向感覚に、改めて驚嘆した夜だった。



2018年3月4日日曜日

「グレイテスト・ショーマン」感想

すごい映画を観た。ヒュー・ジャックマン主演のグレイテスト・ショーマン。
(以下、写真はすべて公式パンフレットから引用)。




オープニングのミュージカルシーンも圧巻なんだけど、冒頭シーンの子役たちの歌唱と演技があまりにも凄すぎて、思わず席から身を乗り出しそうになった。何だかんだ言うてもアメリカという国は、若い才能を世に出す力は凄まじい。

さて主演のヒュー・ジャックマン、彼のスーパーパワーは超合金製の長い爪で敵をなぎ倒すことではなく、歌と踊りと演技でわれわれ観衆を魅了することだと分かった。と思いきや、パンフによると彼の本当の力は共演者たちの能力を限界を超えて引き出してしまうことだとのこと。

ヒュー・ジャックマンの代表作と言えば、X−MENシリーズとレ・ミゼラブル。映画の完成度は本作品よりもレミゼの方が遙かに高いけれど、ヒュー・ジャックマンの能力が完全発揮されているのはむしろこっちだと思う。というのも、本作では彼のとんでもないダンス能力がこれでもかというぐらい見せつけられるからだ。特に酒場でのザック・エフロンとの掛け合いダンスシーン、2人ともあまりにも凄すぎて、映画見てるときはVFXかと思っていた。パンフの解説によると、30テイクも撮影したシーンだそうな。

さてディズニードラマ「ハイスクール・ミュージカル」の世界一キュートな少年から、すっかり本格派俳優になっちまったザック・エフロン、監督からの電話でヒュー・ジャックマンとともに映画に出演してくれと言われて、渋滞中の高速道路に車止めて外に出て喜び爆発させたというこのパンフのエピソードがめっちゃ好き。




ゼンデイヤの空中シーンもVFXかと思いきや、なんとそれどころか9割がたはスタントではなく本人が演じているとのこと。そしてザック・エフロンも同様。そんで2人ともあの歌唱力。ディズニーはとんでもない俳優を生み出すなあ。



この映画、ある場面で出てくるCelebration of humanity という一言に集約されていたと思う。人類の祝祭と訳されてたのは少し残念。humanityには個人の尊厳という趣旨が含まれてるから、人間性への讃歌といったところだろうか。最初から最後まで一貫してあらゆる個人こそが素晴らしいのであり、みんながみんなリスペクトされるべきだというメッセージを伝えているこの映画は、観た人全ての背中を歌と踊りと芝居の力でおもいっきり押してくれるそんなミュージカルだったと思う。

どの曲も圧巻だったけど、一番気に入ったのはキアラ・セトルの歌うThis is me。鑑賞後、パンフ買って宇野維正さんの解説読んでいろいろ納得した次第。


ところで、ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ゼンデイヤが映画宣伝をNYの路上で強行するこのバラエティ番組、彼らも司会のコメディアンもすべてがおもろすぎる。
https://www.youtube.com/watch?v=TZSVf-yD7N8

2017年5月7日日曜日

映画一気観感想まとめ書き

5年ぶりに渡米し、カリフォルニア・バークレー周辺の友人達と旧交を温めてきました。

航空チケット代を少しでも安くするために、留学時と同じくインチョン空港経由のアシアナ航空を利用。長時間フライトのおかげで随分たくさんの映画を視聴できました。ただし、いずれの映画も字幕は中韓国語しかなかったため、英語セリフの聞き取りにはなかなか苦労しました。


「ラ・ラ・ランド」
僕の周りでは概ね男性には好評、女性には不評という感じです。観てみて理由が分かりました。要するに「女々しい」映画です。本質は女々しいのにそれを格好良く気取って作り上げているところがまた、多くの日本の男性の琴線に触れるのでしょう。僕ももちろん、この映画は大好きです。
それにしても主役の二人、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが本当に魅力的です。あのライアンを観た後では、世のその他の男はすべて路傍の石ころに見えてしまうのではないでしょうか。


「ダニエル・ブレイク」
ケン・ローチの最新作。ずっと観たかった作品なので喜んで視聴しましたが、細かいセリフが全然聞き取れません。不条理な正解で懸命に生きている人々の、1人1人のつながりを描いた映画を字幕なしで観てしまったのは致命的でした。いずれ改めて観直したいと思います。


Sing
子どもと一緒に吹き替え版を観に行って、その完成度に驚くと同時に、原作の英語版も観たいと常々思っていました。フライトの視聴リストに入っていたので喜んで英語版を観たのですが、やはりこれは素晴らしい。2回目で改めて気付く伏線や魅力もたくさんあります。劇中オリジナル曲のSet It Freeを日本語版では長澤まさみが、英語原版ではスカーレット・ヨハンソンといずれも女優さんが歌っていますが、どちらも素晴らしい。そしてクライマックス、気弱な象のロジータがスティービー・ワンダーのDon’t You Worry ‘bout A Thingを見事に歌い上げるシーン(日本語版ではMISIAが歌っている)では、やはり感動しました。数々の選曲といい、Set It Freeのギターソロ部分といい、子どもよりもむしろ僕ら親世代の琴線に響く曲が多いのがこの映画の特徴だと思います。


Hidden Figures
アメリカNASAの宇宙計画に甚大な貢献をしながら、有色人種&女性の2重差別ゆえに表に出ることが許されなかった黒人女性たちが主人公。日本での公開時も邦題は付けられず、そのまま片仮名でヒドゥン・フィギュアズとされたようです。原題のFiguresには宇宙開発に欠かせない数学や計算における数字と人物という意味が掛けられているので(もしかしたらそれ以外にもあるかもしれませんが)、邦題をつけることが難しかったのでしょう。
ハリウッドらしさが良い意味でよく出た映画だと思います。主人公たち黒人女性が差別と障害を、その実力で次から次に克服していく様子がとにかく痛快です。ジム・パーソンズは意地悪な上司役がはまっていなかったように感じましたが、彼女たちに理解を示す素敵な上司にケビン・コスナーを持ってくる分かりやすさがまた僕は好きでした。
辛口批評で知られている町山智浩さんも大絶賛のこの映画、ほんとうに本当に素晴らしい作品です。
【以下、ネタバレ注意】
町山智浩 映画『ヒドゥン・フィギュアズ』を語る
町山智浩と藤谷文子 『ヒドゥン・フィギュアズ』を語る


DENAIL
アメリカの歴史学者デボラ・リップシュタットとホロコースト否定論者デビット・アーヴィングとの裁判闘争を描いた作品。あらすじを見て、長時間フライトで重たい映画は観たくないなと最初は避けたのだけど、先に観たカミさんから「これは着陸するまでに絶対観るべきだ!」と言われて観ました。
英米で2016年に公開されたこの作品、日本では公開まだみたいだけど、ぶっちゃけ大傑作ですよ、これは!!
しかしイギリスのドラマや映画は毎度まいど俳優がすごい。TVドラマSHERLOCKでめっちゃくちゃ怖いモリアーティ役を演じたアンドリュー・スコットが弁護団のリーダー弁護士(ソリシター)を演じ、ハリー・ポッターシリーズでねずみ男役をいやらしく演じたティモシー・スポールが演じるアービングがこれまた素晴らしい。デボラ役のレイチェル・ワイズとランプトン弁護士(バリスター)役のトム・ウィルキンソンという人はいずれも僕は知らなかったけど、2人とも実績ある俳優らしい。まあとにかくみんな凄いんだ。
ストーリーは骨太かつ適度なエンターテインを忘れないイギリス映画らしく、適度にスリリングで適度にテンポが良い。ハリウッドのように派手すぎない演出を俳優たちの実力でぐいぐい引っ張っていくイギリス映画の真骨頂。この事件を知ってる人ならそうでもないかもしれないけど、僕は結末を知らなかったので次々に変わっていく法廷の展開をいちいち楽しめる。
職業柄いちばん関心のある名誉毀損の立証責任に関するアメリカとイギリスの違いについては英語力不足ゆえ聞き取ることができなかったのが残念だけど、ランプトン弁護士がアウシュビッツ現地調査で得た経験を使って一気に攻勢に転じる下りは、やっぱ弁護士は現場が基本中の基本だよなあと唸らされた。
地味な映画で儲からないと配給会社が判断して日本ではまだなのかもしれないけど、これはその内容以上に映画としてのクオリティがとんでもないので、是非ともいち早く公開されてほしい。
【参考】
ヨハンナ比較文化研究所 
『否定』(DENIAL)ホロコースト否定論者と闘った歴史学者リップシュタッツ
KITの海外版映画DVD+Blu-ray


2017年2月5日日曜日

Drop Dead Diva season3

かろうじて英語がしゃべれるようになったのは、留学中にはまったTVドラマ The Big Bang Theory に依るところが大きい。帰国後も新作DVDが発売される度に購入している。

でもこのドラマ、舞台がCAL TECHつまり理工学部大学院なので、辞書などで調べても自分にとっては漠然としか分からないネタも多い。そこで英語がもの凄く堪能な友人が面白いと言っていたこともあり、自分にとって最も馴染みのある分野=法律&弁護士ネタのドラマで英語学習してみようと試みた。それがDrop Dead Diva。邦題の「私はラブリーガル」は制作者も視聴者も馬鹿にしすぎてると思う。

シーズン1と2はHULUで視聴したので字幕は日本語オンリー。そうすると細かなところがどうしても聞き取れない。で、シーズン3はDVDを買ってみた。やはり英語学習には英語字幕を見ながら好きな映画やドラマを観るのが一番効率がいい。今も昔も「字幕なしで映画を見れるようになろう!」という英語産業の広告が絶えないが、字幕なしで母語でない映画を観て外国語学習するなんてナンセンス極まりない。TOEICを受ければ毎回満点でイギリスの大学院で修士号を取得されている古澤弘美先生(TOEIC専門塾・英語屋)も、映画やドラマはスラングが多いので字幕なしで聞き取ることなんて自分でもできないと明言されていた。

ここから本題。Drop Dead Divaのシーズン3、第2話と第3話が法律家としては面白い。

第2話は、娘を美容整形外科手術の麻酔事故で亡くしたお母さんが病院を訴える話がメインストーリー。負け筋になってきたところで新たな事実が判明し、主人公ジェーンが天才的ひらめきによって攻め方を変えることによって一発逆転するのがこのドラマの定石。この回は医療過誤訴訟と提起した訴訟(おそらく債務不履行構成だと思われる)を、途中で故意による不法行為に変更して大逆転する。本来、人の身体を刃物で傷つけることは違法なのに、医師が外科手術で人の体を切り刻んでも何故許されるかと言えば、それは本人の同意がありかつ本人にとって有益だから。したがって、本人の同意が欺罔行為(だますこと)によって得られたのであれば、原則に戻って医師の外科手術は民事上違法になり、刑事法の犯罪にすら該当する。この日米共通の法理論を使ったストーリーだった。

第3話はいわゆる神回かもしれない。精子バンクから提供された精子で重度障害を抱える息子を産んだ母親が、その息子の生涯にわたる医療費を得るために精子バンクを訴えるというのがメインストーリー。冷静になって考えると、シンプルというかチープと言っても良いぐらいの話だし、視聴者を泣かせようという脚本家の意図はありありと分かるが、アメリカの俳優たちの力業に耐えきれず、ボロボロ泣いてしまった。契約違反構成をPL法(製造物責任法)構成に変えるのも、それに対して原告である母親が息子を「欠陥商品」として扱うその戦略に同意しないのも、弁護士の感覚からすればありがちといえばありがち。母親役Romy Rosemontと息子役演じる小人症の役者Nic Novickiの演技が、この回を非凡なものにしている。


英語字幕バージョンで視聴すると、日本語字幕で見ていたときに思っていたほど、自分が英語を聞き取れていないことに気付かされた。特に、法律専門用語を調べてみると、アメリカの訴訟にはこんな制度があるのかと驚くことが多い。米国の訴訟制度にはあまり詳しくないので想像の域は出ないが、かの国のドラマの通例に漏れることなく専門家による厳格なチェックを受けている印象があるので、たぶん現実の訴訟制度と大きくはズレていないのだろう。申立をしたその当日に審尋が開かれ、場合によっては結論も出るスピーディーさは、日本の法律家からするとほとんどファンタジーの世界だ。でも、これこそがあるべき司法の姿だと、日本司法に対するオルタナティブを示されているようで、勇気づけられる。

自分の好みからすると、女性視聴者を狙ったあざといほどのうまくいかない恋愛ネタはうざいけど、まあとにかくアメリカ芸能界の底力を見せつけられるような魅力的なドラマです。




</